こんなコンサルタントに注意!

転職エージェント裏話

こんにちは!
現在転職エージェントは数多くあり、
転職者からすれば選択肢が多く迷いますよね?

その中でも優良エージェントと呼ばれる会社にも、
注意しなければいけないコンサルタントが在籍をしている事も残念ながら有ります。
口車に乗ってしまい、転職後に後悔しても遅いので、
自分自身でコントロールする必要が有りますね。

という事で!
こんなコンサルタントに注意です!という項目を大きく3つに分けました。
参考にしてみてください。

①話を聞いていない(覚えていない)

いちコンサルタントが複数のご登録者様を抱える事は、
一般的ですので一度や二度のミスは正直有るかと思います。(言い訳です。本当にごめんなさい)

ですが!ずっと間違った解釈のまま、話を進めるコンサルタントが居ます。
理由は下記が多いと思います。
・忙殺されていて余裕がない。
・ヒアリング不足からの思い込みが強く残っている。
・決められない人材だから、軽んじられている。
・そもそも、よく分かっていない(?)
という感じですかね。

なんにせよ、頻発するようであれば、
担当を変えるか、そのエージェントを利用しない事をお勧めします。
最悪、人生が狂ってしまうリスクもあるので、
しっかりと見極めましょう!

②内定後、無理やり入社させようとする。

転職コンサルタントは営業マンに非常に近い所が有り、
週間・月間・年間と予算を決められています。
かなりのプレッシャーを掛けられて仕事をしているコンサルタントがほとんどです。

また成約がなければ、1円も入ってこないビジネスモデルの為、
まずは入社させる事を第一目的で動いているコンサルタントが居るのも事実なのです。
そのため、内定後にかなり強引に押し込めてくるコンサルタントが居ます。

例えば…
・断ったら裁判沙汰になる!という様な意味不明な脅迫。
・言っていないのに、内定受託すると言ったじゃないか!といった脅しや懇願など。
など、コンサルタント自身も混乱をして理解不能な事を言っているケースが有ります。

このようなコンサルタントは、
クライアントとのリレーションが取れておらず、
社内でのレポートも上手くできていない、
ご登録者様の気持など全く考えていないコンサルタントが多いです。

もちろん転職コンサルタントとして、
クライアント側の立場もある為、
全力でご登録者様にオファー先のメリットを伝えるべきです。
しかし、メリットだけでなくデメリットもしっかりと伝え、
最終的にご本人様に選んで頂ける、
判断材料を提供するのが私の仕事だと思います。

支離滅裂な理由で迫られている場合は、
利害関係のない人に相談する事をお勧めします。

できればキャリアの作り方などを理解している、
信頼できる転職コンサルタントに相談する事をお勧めします。

③紹介求人がズレている。

紹介求人が多くずれている場合、
そのコンサルタントはご登録者様の経歴を理解できていないか、
求人を理解出ていないケースが有ります。

しかし、下記の様な場合は別です。
「ご志向とは外れているかと思いますが、経験を活かせるのでご紹介しました!」や、
「いきなりご志向のポジションは難しいので、まずはこの様なポジションから進めてみてはいかがでしょうか?」
など、少しズレていると分かった上でのご紹介は別です。
(私もよく上記の様なご提案はさせて頂いています。)

経験ともご志向とも違った求人案内をされた場合、
率直に「なぜこの求人を紹介したのですか?」と聞いてみましょう。
そこで理解できない返答だった場合は、少し疑ってみる事をお勧めします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私がご紹介中のご登録者様から、
色んな話を聞きますが、本当に馬鹿にしたような対応をするコンサルタントが多い様に感じます。
同じ転職コンサルタントとして情けないし、怒っていますヽ(`Д´)ノ

残念ながら、転職コンサルタントの質の差は大きく運次第です。
だからこそ頼るべきコンサルタントを見極めることが重要です!
まずは3社くらい登録してみる事をお勧めします。

良い転職に出来る様に頑張りましょうね。

お疲れ様でした☆
このコラムが誰かの良い転職に繋がります様に☆★

転職エージェント裏話

Posted by 新堂 未来